カメラ女子におすすめしたい、趣味と実益を兼ねた3つのダイエット法

ダイエット
Pexels / Pixabay

ここ数年で、写真撮影を趣味にする「カメラ女子」が増えてきました。

Instagramでも、柔らかい雰囲気の素敵な写真をアップする女性が多くなってきましたよね。

「おしゃれな写真が撮りたくて、ちょっと奮発してミラーレスカメラを買ったんです」

そんな「カメラ女子」にぴったりなダイエット方法を3つ紹介します。

スポンサーリンク

自撮りダイエット

前回の記事でも紹介した「自撮りダイエット」。

自分の見た目の現状を把握し、体型の変化を記録していくというダイエット方法です。

三日坊主にサヨナラ。飽きっぽくても無理なく続く「自撮りダイエット」3つの効果
体型の変化は非常にゆっくりしたものです。その成果がわからないと、モチベーションにつながりません。 そこで、毎日の体重測定に加えて、自撮り(セルフィ)で全身の写真を撮ることも習慣にしてみましょう。

「スマホのカメラでいいんじゃない?」

と思う方もおられると思います。

しかし、

「スマホのカメラで自撮りをしてみたらかなり太って見えた」

なんて経験がある人、多いんじゃないでしょうか。

スマホは広角レンズなので、実際よりも丸く写ってしまいます。それが、スマホによる自撮りで太って見えてしまう原因です。

ミラーレスカメラの標準レンズは、そのような心配もなく、見たままの姿を写すことができます。

また、ミラーレスカメラは、スマホのカメラよりも画質が良いので、綺麗な写真を残すことがでるのもメリット。

ダイエットの記録が美しい画像で綴られていたら、やる気もアップすると思います。

鏡に映った自分をとることで、ポートレート撮影の練習にもなるので、一石二鳥ですよ。

食事記録

以前のエントリーで紹介した「ダイエットノートのカメラ版」です。

自分の食べた物をひたすらノートに記録していくダイエット方法です。

文化系女子必見!運動せずに効率よく痩せる、コスパ最強な手書きダイエットノート術
ダイエットを続ける一番簡単な方法は、「記録をつける」ことです。それも手書きで。今回のエントリーでは、手書きダイエットノートの書き方を紹介します。

毎日の食事をミラーレスカメラで撮影。料理写真の練習にもなります。

オススメはパンケーキレンズ(単焦点の広角レンズ)。ぼかしの利いた明るい写真が撮れるので、綺麗な料理写真を撮ることができます。

撮影ウォーキング

「ダイエットのためにウォーキング始めたんだけど、続かなくて…」

そんな悩みをお持ちの方は、カメラを持って撮影ウォーキングをしてみましょう。

近くの公園やお気に入りの町並みなど、気ままに歩いてお気に入りの写真を撮るだけ。

撮影ウォーキングは、歩くことで脂肪燃焼してくれるので、ダイエットにも効果的です。

ミラーレスカメラは、一眼レフカメラと違って、軽くてコンパクトなので、カバンの中にスッと入ってくれます。

とても軽いので、肩から下げても負担になりません。撮影ウォーキングにぴったりですね。

Wi-Fi機能でスマホに転送して保存

撮影した写真が溜まっていくと、写真の保管場所が悩みどころ。

「パソコンはほとんど使わないから、撮った写真はスマホに保存したい」

という方も多いのでは?

最近は、ほとんどのミラーレスカメラにWi-Fi転送機能がついています。

撮った写真を無線でスマートフォンに転送することができる機能です。

毎朝撮った自分の写真をスマートフォンに転送し、アルバムに保存しておきましょう。

この機能の便利なところは、素敵な風景を見かけた時や、仲間とのパーティーの写真などを、ミラーレスカメラで撮影し、その場でスマホからFacebookやInstagramなどのSNSに投稿したり、LINEで友達と共有できたりすることです。

趣味のカメラをダイエットに活用

レンズ交換ができて画質も一眼レフ並み、おまけに軽量コンパクト。ミラーレスカメラというワンランク上のカメラを持っているんですから、ダイエットに使わないと損ですよ。

今回のエントリーでは、カメラ女子に最適なダイエット方法を紹介しました。

ちなみに、私のお勧めするミラーレスカメラは、キャノンのEOS M10です。

女性向けに作られたミラーレスカメラで、外観がおしゃれで軽量かつシンプル。とても使いやすいカメラです。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 レンズキット(ホワイト)