運動が苦手でも痩せたい!運動に頼らず効果的にダイエットを成功させる方法

ダイエット
mau76souz / Pixabay

「ダイエットするには運動しないと…。でも、運動は面倒くさくて…」

「運動苦手だから、ダイエットは私にはムリなんじゃ…」

こう思っている方多いですよね。

「ダイエット=運動」という考えに囚われていませんか?

スポンサーリンク

太る原因は食べ過ぎ

ダイエットのメカニズムは「入ってくるカロリーよりも出ていくカロリーを上回らせ、全体の体重を減らす」、ということはよく知られていることだと思います。

そこで、ダイエッターの多くは、出て行くカロリー(=消費カロリー)を増やすために運動しなくては、という観念にとらわれてがちです。

運動の落とし穴

ダイエットのための運動というと、ジョギングやウォーキング、水泳などが思い浮かびます。

ところが、運動に痩せる効果がそこまで期待できないという事実は、あまり知られていないんではないでしょうか。

運動によるダイエットは時間がかかり効率が悪い

個人差はありますが、1キロの体脂肪を落とすのに必要なカロリーは7,200キロカロリーです。

30分のジョギングで消費するカロリーは200〜300キロカロリー。お茶碗いっぱいのご飯が200キロカロリーです。

毎日30分ジョギングをしても、ちょっと多めに食べてしまえば、消費したカロリーを上回ってしまうということです。

運動によるダイエットは、時間という観念からコストパフォーマンスがあまり良くないのです。

運動すると食欲が増える

体のエネルギーを使うので、運動するとお腹が空きます。

「今日はしっかり運動したから、ちょっと多く食べても大丈夫」

と考え、消費したカロリー以上に食事でカロリーを体に入れてしまいがち。

また、普段あまり運動をしていない人にとって運動は「苦行」です。

精神的なストレスが溜まると、無意識のうちに食事や間食の量が増えてしまうものです。

「運動してるのに痩せない」

と、嘆く方が多いのはこの辺に理由があるような気がします。

強迫観念にとらわれると長続きしない

「痩せるために運動しなくちゃ」

と思い立ってフィットネスクラブの会員になったのに、3ヶ月で辞めてしまった。

張り切ってウエアーやシューズを揃えたのに1週間で走らなくなってしまった。

そんな経験がある人多いんじゃないでしょうか。

「ダイエット=運動」と考えている人はとても多いですね。

普段運動しない人が運動の習慣をつけようとするため挫折する人が多いです。

運動という観念に囚われないダイエット

もちろん運動することが悪いわけではありません。定期的に体を動かすことは健康な肉体を作り上げます。

また、運動の後は爽やかな気持ちになり、心にゆとりをもたらします。

ただし、ダイエットの手法としては、思ったほどの効果はないと言うことです。

ダイエットに対する正しい理解をすることで自分が何をすれば良いか、わかってくるようになります。

ダイエット成功の秘訣は食事を考え直すこと

ダイエットを成功させるためには、食生活を見直すことが一番効果的です。

出ていくカロリー(消費カロリー)ではなく、入ってくるカロリー(摂取カロリー)に注目してみましょう。

食事の量やメニューを見直すことで、全体の摂取カロリーを抑えることができます。

以前紹介したダイエットノートを活用してみてください。

文化系女子必見!運動せずに効率よく痩せる、コスパ最強な手書きダイエットノート術
ダイエットを続ける一番簡単な方法は、「記録をつける」ことです。それも手書きで。今回のエントリーでは、手書きダイエットノートの書き方を紹介します。

食べた食事の記録に、カロリーを書き足してみましょう。

コンビニやスーパーに並んでいるもののほとんどには、カロリーが表示されているものが多いです。

また、メニューにもカロリーを表記するファミレスも増えてきています。

カロリー計算を行うダイエットは、外食やコンビニ食が多い一人暮らしの人にとって最適な方法です。

カロリー表記されていない食品についてはカロリー計算アプリがありますのでそれを活用。

ダイエット・体重管理アプリなら【楽々カロリー】

ダイエットでいちばん大切なのは食生活です。カロリー計算を意識して、運動に頼らずダイエットを成功させてください。

ダイエットは運動1割、食事9割 91日間[実践ノート]