三日坊主にサヨナラ。飽きっぽくても無理なく続く「自撮りダイエット」3つの効果

ダイエット
kelseyannvere / Pixabay
スポンサーリンク

ダイエットが続かないのは、成果が見えないから

「ダイエットしたいけど長続きしなくて…」

よく聞く声ですよね。

体型の変化は非常にゆっくりしたものです。その成果がわからないと、モチベーションにつながりません。

そこで、毎日の体重測定に加えて、自撮り(セルフィ)で全身の写真を撮ることも習慣にしてみましょう。

体型の変化を客観的に見ることができ、モチベーションアップにつながります。

要は、ダイエットの成果を「見える化」するということですね。

スマートフォンのカメラは、年々性能が上がっています。これをダイエットに使わない手はないですね。

自撮りダイエットの3つの効果

自分の外見を客観視できるので、現状認識ができる

ダイエットのスタートは、現状を知ることから。

自撮りで撮った写真を見ることで、自分がどれだけ太っているのか、自分の外見が人からどう見られているのかを把握することができます。

人間の心や体というのは面白いもので、自分の太り具合を認識することで、無意識のうちに、太るような行動にブレーキをかけてくれるようになります。

体型の変化を可視化できるので、モチベーションが上がる

自撮りを毎日続けていると、これまでの体型の変化が一目でわかるようになります。

記録の積み重ねが変化を「見える化」してくれます。

写真を見返すことで、ダイエットの成果が手に取るようにわかるようになるので、モチベーションの向上につながります。

単純作業なので続けやすい

毎日、自分の身体をスマホのカメラで写すだけ。何も難しい作業はいりません。

自撮りダイエットは、毎日続けることに意味があります。そのためには、ハードルは少なければ少ない方が良いです。

自撮りダイエットのやり方

スマホのカメラで鏡に向かって撮る

体型の変化を見るのですから、全身を撮影する必要があります。

全身が映る鏡の前に立ち、鏡に向かってスマホのカメラを向けましょう。

カメラのタイマー機能を使っても構いませんがとてもかかりますよね。鏡に向かってカメラを向けるのが1番簡単な方法です。

毎日、時間を決めて撮りましょう。オススメは朝起きた時。人に見せる写真ではありませんので、寝ぼけ顔でもスッピンでも全然構いません。

女性に人気の自撮り(セルフィ)ですが、これはあくまでも記録なので、キメ顔をする必要もありません。

一人暮らしの方なら、家族に気兼ねする必要もありませんので、ササッと撮ってしまいましょう。

アプリに記録する

「見た目ダイエット日記」というそのままズバリなアプリがあります。

見た目ダイエット日記 〜体重と一緒に写真も記録〜

体重とその日の自分の写真を一緒に保存することができるので、ダイエットの記録には最適です。

後から体型の変化を見ることができますので、自分のダイエットの仕方が正しかったのか、間違っているのか、客観的に判断することができます。

簡単な作業を習慣化することで、ダイエットのハードルを下げる

「運動は苦手な上に、めんどくさがりな性格でも続けれるダイエット法ってありますか?」

いろんなダイエット法を試す前に、まずは、自撮りと体重計測の習慣をつけるところから始めてみませんか?

ダイエットで一番大事なのは継続することです。

カメラのシャッターを押すだけの自撮りダイエットは、ダイエットに対する気持ちのハードルをグッと下げてくれます。

ぜひ試してみてください。

見た目ダイエット日記 〜体重と一緒に写真も記録〜