自分に甘い、意思が弱い、飽きっぽい…そんなあなたも必ず痩せられるダイエット法

ダイエット
skeeze / Pixabay

私は、36歳のときが体重のピークで、身長170cm,体重が82kgありました。

その当時は、本当に食べることが大好きで我慢ができませんでした。
仕事のストレスもあったのでしょう。三食大量に食べ、間食に必ず甘いものを摂る毎日でした。

飽きっぽいため、いろいろなダイエット法を試しましたが長続きしませんでした。

運動嫌いで、生活も不規則。これでは太るのも無理はありません。

自分に甘い、意思が弱い、そんな自分に嫌気が差し、途方に暮れていました。

飽きっぽい自分の性格に合ったダイエット方法を続け、今では、標準的な体重をキープしています。

スポンサーリンク

ダイエットの第一歩は「続ける」仕組みづくり

ダイエットが続かないのは、根性がないのでもなく、意志が弱いのでもなく、続けることができないことをするからです。
自分の適正に合わせてダイエットメニューを考えることが肝心です。

一時的なダイエットよりも、継続的に続けられるメニューを選んで見ましょう。

気軽に継続できるような「仕組み」を作るのが先決です。以下に、例を挙げてみます。

毎日体重計に乗って記録を付ける

数字を可視化する、グラフ化する。まずは、自分の置かれている状況を目に見える形にしてみましょう。

スマートフォンのアプリを使えば、簡単にできます。もちろん、メモ帳にペンで書いても構いません。

乗るだけで、スマートフォンにデータを送ってくれる体重計もあります。

ただ漫然とダイエットに取り組むよりも、具体的な数値を把握することがまずは重要です。

食事の内容・回数はそのままで、量を減らす

ダイエットの基本は『食事』と『運動』です。

これまでと同じ食事内容でよいので、量を減らしてみましょう。目安としては腹6~8分目といったところでしようか。
「もう少し食べたい」と思ったところで箸を置きます。

食事はなるべく規則的に三食食べます。ただし、夜食・間食は控えましょう。また、朝食は必ず摂ること。
毎日の食事を調整することで、摂取カロリーを抑え、確実に痩せていきます。

レコーディングダイエットでは、食事の記録も推奨しています。余裕があれば、メモ帳やカロリー計算アプリに記録していきましょう。

運動の習慣を毎日の生活に取り入れる

普段まったく運動しないのに、

「今日から毎日、30分ランニングするぞ!」

と、意気込んでみたものの、三日坊主に終わってしまう…そんな経験はないでしょうか。
私も、何度も経験してきました。

いきなりがっつり運動を行うのではなく、まずは生活の中で運動することを意識してみてはどうでしょうか。

  • エレベーターをやめ階段を使う
  • 帰り道をちょっと遠回りしてみる
  • 早足で歩く
  • 一駅分歩く
  • わざと大きな動作で動く

小さな運動の習慣を続けることで、次第に体が動くことに慣れてきます。

そういう状態になって初めて、ウォーキングやスロージョギングといった有酸素運動を行います。

ウォーキングは背筋を伸ばし早足で。
スロージョギングは会話ができる程度のゆっくりしたスピードで。

脂肪燃焼のためには最低20分は行いましょう。

がっつりランニングするわけではないので、服装はジャージで構いません。
もちろん、モチベーションを上げるために格好から入るのも大事ですが、初期投資はなるべく抑えたいですよね。

ただし、シューズだけは良いものを。特に、極端に体重が重い人は膝に負担がかかってしまうので。

私のお勧めはadidasの「ブースト」というブランドです。靴底に衝撃を吸収する素材を使っているんだそうです。

ダイエットが成功したときの自分をイメージする

あと10kg体重が減ったら、どんな自分になってると思いますか?

ダイエットを続けるためには、「成功のイメージ」が一番重要なことではないでしょうか。
どんなことでもそうですが、目的がなければモチベーションも上がりません。

ダイエットが成功したら、自分や自分の周りにどんな変化が起きるかをイメージすることが大切です。

  • 体が軽くなって動くのが楽になっているかも
  • 鏡に映る自分の姿にヘコまなくなるかも
  • 自信がつくかも
  • 異性の自分を見る目が変わるかも(告白されるかも、プロポーズされるかも)

目標は下世話なものでも構いません。自分の人生に良い変化が訪れるーそれを現実のものにすることが継続のモチベーションになるのです。

まったり楽しみながら、ゆっくり、だけど着実に

ダイエット成功の秘訣は、確実に体重を落としていくために、
「毎日小さな引き算を行っていくこと」=「良い習慣を積み重ねていくこと」
です。

短期間で急激に痩せることはできません。毎日の積み重ねが大切なのです。

もし、自分に甘く意志が弱いと感じているなら、

  • 楽しく続けることができる方法を見つける
  • それを毎日続けること

ダイエットは、自分の習慣を見つめ直すことでもあります。
自分と向き合って、あせらず、楽しみながら、ゆっくり、着実に。

このエントリーを読んだ貴方のダイエットが成功しますように。

ダイエットを始めるのに、体重計がないことには始まりません。体重だけでなく体脂肪率も測れるものを選びましょう。

タニタ デュアルタイプ体組成計 スマホ対応 ホワイト